JA 日本 機関投資家のお客様
債券

グローバル・バンクローンに投資する3つの理由

2018年6月 - 12 min レポートを読む

欧州では、テクニカル要因によりクレジットスプレッドが拡大しています。同時に、米国・欧州の金融政策の方向性に乖離が生じています。当レポートでは、こうした環境において、バンクローン投資におけるグローバル・アプローチが有効とベアリングスが考える3つの理由を解説します。

投資機会
欧州では現在、テクニカル要因により、ファンダメンタルズが示唆する水準以上にクレジット・スプレッドが拡大しています。 また、米国と欧州の金融政策の乖離が拡がっています。 これらの要因が、米ドルベースの投資家に対し、欧州バンクローンへのエクスポージャー拡大を検討する興味深い機会を提供しているものと私達は考えています。

以下に、現環境において、米ドルベースの投資家にとって、欧州へのエクスポージャー拡大を含むグローバル・アプローチが有効であると私達が考える3つの理由を記載します。

理由1:潜在的な利回り向上
グローバル・アプローチは、米国外の非投資適格企業が発行するバンクローンにエクスポージャーを持つ事であり、米ドルベースの投資家にとっては、欧州市場へのエクスポージャーを持つことを意味します。欧州ローンには欧州ローン独自のリスクがあるものの、グローバル戦略を採用するメリットは大きいとベアリングスでは考えています。中でも、欧州企業が(ユーロ建てで)発行するバンクローンに投資して追加的利回りを確保し、為替リスクを米ドルにヘッジする手法が大きなメリットをもたらすものと考えます。
潜在的な利回り向上の背景には2つの要因があります:
1. クレジット・リスク対比で拡大した欧州のクレジット・スプレッド
2. マイナス金利の欧州におけるEULIBORフロアによるリターンの底上げ

拡大したクレジット・スプレッド: 欧州バンクローンのスプレッドはここ数ヶ月、ヘッドラインリスクに反応し(一部では大幅に)拡大しています。厳選された銘柄で構成される欧州のB格ポートフォリオは現在、400bps前後、あるいはこれを上回るスプレッドを提供しています。これらのスプレッド拡大は、欧州地域のGDPが堅調な伸びを示し、発行体のデフォルト率が低位安定し、高い売上高およびEBITDAの伸びが維持されるなど、発行体のファンダメンタルズが安定推移する中で起きています。

X

当社のウェブサイトBarings.comをご利用いただくことにより、(1)当社がお客様のデバイスに特定のクッキーを配置したり、利用規約およびウェブサイトのプライバシーに関する通知に記載されているその他のオンライン追跡メカニズムを使用することができること、(2) お客様が当該利用規約に了承したことにご同意していただけたものと致します。