プライベート・クレジット

インフラストラクチャー・デット:進化する投資機会

2023年9月 – 9 分 レポートを読む

インフラストラクチャー・デットにおけるディフェンシブな性質や分散効果、魅力的なリスク調整後リターンを提供する可能性に加え、「インフラ投資の本質」が、景気サイクル全体を通じてその魅力を明確にしています。

インフラストラクチャー:本質と進化

急速に進化する今日のグローバル経済において、多くの機関投資家は、パブリック市場に対する非流動性プレミアムから分散投資の強化やリスク・プロテクション、資産・負債のマッチング特性に至るまで、潜在的なメリットを求めてインフラストラクチャー・デットに注目しています。インフラストラクチャー・デットの定義がマネジャーや銀行、投資家の間で時として異なる中、ベアリングスではキャッシュフローを生み出す資産を中心に定義付けしており、主要な社会的または経済的ニーズを満たし、安定的かつ長期的なキャッシュフローをもたらす可能性のある重要な資産に重点を置いています。今日の進化するインフラストラクチ ャーのユニバースは、下記の6つのカテゴリーに大別されます:

経済インフラストラクチャー

  • 有料道路や港湾、空港、鉄道車両などの交通関連の戦略的資産

公共施設とパイプライン

  • 上下水道や電気、天然ガス、その他の燃料を移送するための、規制もしくは非規制の配電および送電資産

発電

  • 再生可能エネルギー発電資産(太陽光、風力、水力)、バッテリー、電気車両(EV)充電インフラストラクチャー

社会インフラストラクチャー

  • 政府主導の官民パートナーシップおよび社会住宅、病院や公園、庁舎、学校の開発

ミッドストリームと保管施設

  • コモディティ商品の保管、エネルギーおよび非エネルギー資産

デジタル・インフラストラクチャー

  • 十分認知された市場や制度下にある、タワーやファイバーケ ーブル、データセンター 

レポート全てを読む

PDFを見る

Pieter Welman(ピーター・ウェルマン)

グローバル・インフラストラクチャー責任者

当資料は、ベアリングス・グループが作成した資料をベアリングス・ジャパン株式会社(金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第396号、一般社団法人日本投資顧問業協会会員、一般社団法人投資信託協会会員)が翻訳したもの、または、ベアリングス・ジャパン株式会社が作成した資料で、金融商品取引法に基づく開示書類あるいは勧誘または販売を目的としたものではありません。翻訳、または、資料作成には正確性を期していますが、必ずしもその完全性を担保するものではありません。また、翻訳については原文と翻訳の間に齟齬が生じる場合がありますが、その場合には原文が優先されます。当資料は、信頼できる情報源から得た情報等に基づき作成されていますが、内容の正確性あるいは完全性を保証するものではありません。当資料には、現在の見解および予想に基づく将来の見通しが含まれることがありますが、事前通知なくこれらが変更、または、修正される場合があります。

関連コンテンツ