Martin Horne(マーティン・ホーン)

グローバル・パブリック債券責任者

London, U.K.

グローバル・パブリック債券責任者として、グローバル・ハイイールド、投資適格債券、ストラクチャード・クレジット、エマージング市場の通貨、金利、ソブリン債および社債投資チームを統括。欧州ハイイールド投資委員会議長、グローバル・ハイイールド・アロケーション委員会議長。欧州マネジメント・チーム・メンバーおよびベアリングス・シニア・リーダーシップ・チーム・メンバー。Barings Black Talent Network従業員リソースグループおよび英国のCharter for Black Talent in Finance and the Professionsのエグゼクティブ・スポンサー。

1993年に金融業界に入り、中規模企業向け融資、ストラクチャード・クレジット、投資適格、レバレッジド・ファイナンス市場における経験を有する。コーナーストーン戦略のシニア・ポートフォリオ・マネジャー、欧州ハイイールドグループのリサーチ責任者としての責務も担う。

2002年のベアリングス入社以前は、Dresdner Kleinwort Wassersteinにて欧州レバレッジ・チームのメンバーとして、欧州におけるレバレッジド・バイアウトのスポンサー向けにシニア、メザニン、ハイイールド等のリード・アレンジや引受業務に従事。KPMG Corporate Financeでは複雑なデット取引への助言業務に従事し、National Australia Bankでは社債およびストラクチャード・クレジットチーム、National Westminster Bankではコーポレート・バンキング部門に所属。Loan Market Associationでは取締役会のメンバーを務めた。リーディング大学にて経済学士号取得。