JA 日本 個人のお客様

ウィンドミル

2019年11月
運用報告

 

2019年初来パフォーマンスは良好なものとなっています。その要因を振り返るとともに、2020年の各国景気状況やベアリングス独自の景気後退指標、今後の収益獲得に向けた投資テーマおよび戦略などについて、ポートフォリオ・マネジャーが解説します。
(掲載日:2019年12月20日)

ウィンドミル/ウィンドミル1年


ウィンドミルとは?

ウィンドミルの商品性について、わかりやすく解説します。シンプルな設計ながら、20年超の長期にわたり安定した実績を誇る投資信託ウィンドミルをご紹介します。

投資責任者からのメッセージ


投資責任者からのメッセージ

6月に来日したグローバル・ソブリン債券責任者のリカルド・アドロゲが、先進国と新興国の境界線が薄れつつある今日のグローバル・ソブリン債市場への投資アプローチについて語ります。

ベアリングスの「5つのインサイト 2019年秋」


ベアリングスの「5つのインサイト 2019年秋」

米国の金融政策の行方は?ベアリングスの「5つのインサイト 2019年秋」について、先進国ソブリン債券チームの溜 学(たまる まなぶ)が解説します。

過去の動画

2019年10月運用報告

2019年10月運用報告

主要投資国の金利が上昇したため、10月はマイナスのリターンとなりました。金利の変動が高まる中、債券先物を活用することでリスク軽減に対応する背景について解説します。

(掲載日:2019年11月18日)

2019年9月 運用報告

2019年9月 運用報告

地政学リスクの後退などを背景に主要投資国の金利が上昇した結果、9月はマイナスのリターンとなりました。金利リスクと並び当ファンドの重要な収益源泉である為替リスクについて、基本的な管理方法を復習します。

(掲載日:2019年10月21日)

2019年8月 運用報告

2019年8月 運用報告

投資家のリスク回避傾向が強くなり、主要投資国の金利が低下した結果、8月もプラスのリターンを獲得しました。足元の為替管理状況や債券先物を活用した戦略例、市場環境見通しについて解説します。

(掲載日:2019年9月20日)

2019年7月 運用報告

2019年7月 運用報告

各国の金融緩和競争が過熱気味となる中、債券には追い風の環境となり、7月もプラスのリターンを獲得しました。金利変動リスク抑制に一定程度の効果が期待される債券先物や、急速に円高が進む足元の市場環境について解説します。

(掲載日:2019年8月19日)

2019年6月 運用報告

2019年6月 運用報告

世界的に金利が低下基調で推移した中、6月はプラスのリターンを獲得しました。新規に組入れたデンマーク国債に期待される1)為替ヘッジコストの低減効果、2)ロールダウン効果、について解説します。

(掲載日:2019年7月12日)

2019年5月 運用報告

2019年5月 運用報告

米中貿易摩擦の再燃などを背景に投資家のリスク回避姿勢が強まる展開となり、主要投資対象国の金利が低下した結果、5月はプラスのリターンとなりました。貿易摩擦懸念がウィンドミルに与える影響やヘッジコストの管理について解説します。

(掲載日:2019年6月19日)

レポートなどはこちら

X

当社のウェブサイトBarings.comをご利用いただくことにより、(1)当社がお客様のデバイスに特定のクッキーを配置したり、利用規約およびウェブサイトのプライバシーに関する通知に記載されているその他のオンライン追跡メカニズムを使用することができること、(2) お客様が当該利用規約に了承したことにご同意していただけたものと致します。