JA 日本 個人のお客様

ウィンドミル

2021年1月運用報告

2021年1月は主要投資対象国の金利が上昇したことなどからマイナスのパフォーマンスとなりました。東欧諸国の債券投資が魅力的であると考える理由について解説いたします。
(掲載日:2021年02月22日)


ウィンドミルとは?

ウィンドミルの商品性について、わかりやすく解説します。シンプルな設計ながら、20年超の長期にわたり安定した実績を誇る投資信託ウィンドミルをご紹介します。


投資責任者からのメッセージ

6月に来日したグローバル・ソブリン債券責任者のリカルド・アドロゲが、先進国と新興国の境界線が薄れつつある今日のグローバル・ソブリン債市場への投資アプローチについて語ります。


ベアリングスの「5つのインサイト 2019年秋」

米国の金融政策の行方は?ベアリングスの「5つのインサイト 2019年秋」について、先進国ソブリン債券チームの溜 学(たまる まなぶ)が解説します。

過去の動画

2020年12月運用報告

2020年12月は若干のマイナスのパフォーマンスとなりました。主要国中央銀行による金融緩和政策および各国国債利回り推移、ウィンドミルの資産配分状況について解説いたします。
(掲載日:2021年01月26日)

2020年11月運用報告

2020年は11月末時点でプラスのパフォーマンスを獲得しています。2021年の市場環境見通しや運用方針、新型コロナウイルスショック後の世界経済、想定するマクロ経済シナリオについて解説いたします。
(掲載日:2020年12月18日)

2020年10月 運用報告

一部主要投資対象国の金利上昇などを背景に、10月はマイナスのパフォーマンスとなりました。足元の景気指数および新型コロナウイルスの感染状況、過去のリスクオフ局面における運用実績と今後の見通しについて解説いたします。
(掲載日:2020年11月20日)

2020年9月 運用報告

主要投資対象国の金利低下などを背景に、9月はプラスのパフォーマンスとなりました。足元のマクロ経済環境や主要国の金融・財政政策、景気状況について解説いたします
(掲載日:2020年10月21日)

2020年8月 運用報告

主要投資対象国の金利上昇などを背景に、8月はマイナスのパフォーマンスとなりました。2020年の市場環境およびウィンドミルの運用について解説いたします。
(掲載日:2020年09月18日)

2020年7月 運用報告

主要投資国の金利低下などを背景に、7月はプラスのパフォーマンスとなりました。VIX指数とウィンドミルの基準価額の関係やカナダの地方債について解説します。
(掲載日:2020年08月24日)

2020年6月 運用報告

一部主要投資国の金利低下などを背景に、6月はプラスのパフォーマンスとなりました。2020年上半期の運用実績及び主要国中央銀行の金融政策見通しについて解説します。
(掲載日:2020年07月15日)

2020年5月 運用報告

主要投資国の金利低下などを背景に、5月はプラスのパフォーマンスとなりました。為替リスク管理状況や足元の経済状況、分散投資について解説します。
(掲載日:2020年06月25日)

2020年4月 運用報告

部の主要投資国の金利が低下したため、4月はプラスのパフォーマンスとなりました。落ち着きを取り戻した地方債や各国の景気状況について解説します。
(掲載日:2020年05月20日)

2020年3月 運用報告

新型コロナウイルスに対する懸念による投資家心理の急激な冷え込みから3月はマイナスのリターンとなりました。マイナスリターンの主な要因となった地方債について解説します。
(掲載日:2020年04月17日)

2020年2月 運用報告

新型コロナウイルスに対する懸念から主要投資国の金利が低下したため、2月はプラスのリターンとなりました。足元の運用状況と、過去の市場混乱期におけるパフォーマンスについて解説します。
(掲載日:2020年03月17日)

2020年1月 運用報告

主要投資国の金利が低下基調で推移したため、1月はプラスのリターンとなりました。新たな投資取り組み事例や新型コロナウィルスの市場への影響見通しについて解説します。
(掲載日:2020年02月21日)

レポートなどはこちら

X

当社のウェブサイトBarings.comをご利用いただくことにより、(1)当社がお客様のデバイスに特定のクッキーを配置したり、利用規約およびウェブサイトのプライバシーに関する通知に記載されているその他のオンライン追跡メカニズムを使用することができること、(2) お客様が当該利用規約に了承したことにご同意していただけたものと致します。