JA 日本 機関投資家のお客様

Nathaniel Barker(ナタニエル・バーカー)

投資適格社債共同責任者

Nathaniel Barker(ナタニエル・バーカー)

投資適格社債運用共同責任者兼ポートフォリオ・マネジャーとして、投資適格社債戦略の運用を担当。2007年バブソン・キャピタル入社。以前は、投資適格社債調査責任者として、小売、食品/飲料、タバコ、レストラン、スーパーマーケットおよび旅行産業などのセクターの調査を担当。バブソン・キャピタル入社以前は、公式な破綻処理と示談による債務再編の両ケースにおいて債権者と債務者の代理を務めた経験を活かしクロール・タルボット・ヒューズにて経営不振企業のコンサルタントを務めたほか、KPMG やアーサーアンダーセンにて企業再編グループに勤務。タフツ大学で学士号、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで一般コース終了証、ユタ大学で経営学修士号(MBA)取得。

X

当社のウェブサイトBarings.comをご利用いただくことにより、(1)当社がお客様のデバイスに特定のクッキーを配置したり、利用規約およびウェブサイトのプライバシーに関する通知に記載されているその他のオンライン追跡メカニズムを使用することができること、(2) お客様が当該利用規約に了承したことにご同意していただけたものと致します。