JA 日本 機関投資家のお客様
  • 運用資産額 $1.7 billion
    (31 December 2018)
  • 運用開始日 1996
  • 投資形態
    • 合同ファンド
 

投資哲学

「成長性から見て株価が割安な銘柄」(Growth at a Reasonable Price、GARP)を選別します。ベアリングスの投資アプローチは次のとおりです。

  • 今後3 年から5 年の利益成長に焦点を当て、市場に認識されていない成長機会を発掘します。
  • 企業のクォリティ、成長性、バリュエーションなどのファンダメンタルズに注目するボトムアップ調査を通して、クォリティ銘柄を特定します。

ベアリングスの強み

成長銘柄を特定

  • 投資哲学に沿って、高成長が見込まれる銘柄を特定します。
  • 企業の規模を問わず5年先の企業収益成長率を予測し、企業家精神に富んだ企業の株式に投資します。

確信度の高いアクティブ運用

  • 確信度の高い銘柄で構成された、アクティブシェアの高いポートフォリオを構築します。
  • 独自の調査においてクォリティ、成長性、バリュエーションで高スコアをつけた企業に投資します。銘柄の特定にあたっては徹底した議論を重ねます。

専門性

  • チームの半数以上は新興国市場とそれよりもさらに発展途上で今後の成長が期待されるフロンティア市場において高い専門性を持つプロフェッショナルであり、両市場の綿密な企業分析を行います。
  • ベアリングスは、欧州新興国市場の成長性に最初に着目した資産運用会社の1つであり、市場の発展と企業の成長に関する長期にわたる分析経験や独自の洞察力を有しています。
関連するビデオ・レポートを見る