JA 日本 機関投資家のお客様

 

 

顧客に対する受託者責任を十分に果たし、ESG課題の考え方を運用プロセスに組み入れるなどのベアリングスのコミットメントを反映し、ベアリングスは国連責任投資原則(国連PRI)の署名会社となっています。


ベアリングスでは、ESG課題を投資分析に組み込むことにより、顧客ポートフォリオに影響を及ぼし得る複雑な事象、リスク、価値等を包括的に理解することが可能になると考えています。

  • ESG関連のリスクは新規投資の際にデュー・デリジェンスの一環として分析され、投資後も継続的にモニターされます。
  • 運用チームは、個別発行体のESG関連データを提供する外部機関へのアクセスを有しています。
  • ベアリングスのESGワーキング・グループは定期的にあらゆるアセット・クラスにおけるESGの動向とそれらが顧客ポートフォリオに及ぼし得る影響について議論を行っています。

競争力のある高いリスク調整後リターンを顧客に提供することがベアリングスの最終的な目標です。このため、ポートフォリオの長期的なリターンやリスクに影響を及ぼし得るESG課題は重要な要素であると考えています。

 

ベアリングスは、従業員が居住し働くコミュニティに投資します。

ベアリングスは、寄附や従業員のボランティアを通じて世界の数多くの慈善団体をサポートしています。

 

X

当社のウェブサイトBarings.comをご利用いただくことにより、(1)当社がお客様のデバイスに特定のクッキーを配置したり、利用規約およびウェブサイトのプライバシーに関する通知に記載されているその他のオンライン追跡メカニズムを使用することができること、(2) お客様が当該利用規約に了承したことにご同意していただけたものと致します。