JA 日本
債券

バンクローンが良好なパフォーマンスを示すであろう3つの理由

2020年12月 - 6 min レポートを読む

「金利が上昇する時にはローン(変動金利)を、金利が下落する時は債券(固定金利)を買えばいい」というような単純な話ではありません。事実、複数の要因が組み合わさり、今後バンクローンが魅力的なトータル・リターンを齎すであろう環境は整いつつあります。

新型コロナウイルス発生以降、テクニカル要因によりバンクローンの市場回復は鈍化した一方で、ハイイールド債券を含む固定金利資産に対しては追い風が吹きました。結果、現在のバンクローンは注目に値する相対的かつ絶対的な価値を提供しており、テクニカル要因が改善するにつれ魅力的なトータル・リターンの獲得機会を提供する可能性があるものと考えています。低金利環境が長期化する場合であっても、バンクローンが魅力的な相対価値を提供すると考える理由は以下の3点です。
 

1. バンクローン利回りと債券利回りは同等水準

新型コロナウイルス発生以降、中央銀行は比類なき景気刺激策を実施したことを背景に、特にハイイールド債券は力強い回復を見せました。例えば、米国のハイイールド債券市場は4月以降、600億米ドル超1の資金流入となり、スプレッドは大幅に縮小しています。他方、景気刺激策の恩恵を受けられなかったバンクローンの回復は緩慢となり、金利低下の期待感から変動金利物のバンクローンを売って固定金利物を買う動きとなった過去2年間の流れを引き継いで、リテール・ファンドにおいては概ね資金流出状況が続きました。このため、グローバル・ハイイールド債券は、市場平均価格において1023とオーバー・パーで推移している一方、グローバル・バンクローンは、市場平均価格において約952と未だディスカウントにて取引されています。テクニカル要因および市場センチメントに起因したバンクローンから債券への投資シフトにより、米国の短期金利が低下しているにもかかわらず、バンクローンとハイイールド債券の利回りは依然として同等の水準にあります。

1. 出所: J.P. Morgan 2020年11月末現在
2. 出所: Credit Suisse 2020年11月末現在
3. 出所Source: Bank of America Merrill Lynch 2020年11月末現在

X

当社のウェブサイトBarings.comをご利用いただくことにより、(1)当社がお客様のデバイスに特定のクッキーを配置したり、利用規約およびウェブサイトのプライバシーに関する通知に記載されているその他のオンライン追跡メカニズムを使用することができること、(2) お客様が当該利用規約に了承したことにご同意していただけたものと致します。