JA 日本
オルタナティブ

欧州不動産デット市場の現状

2021年1月 - 7 min レポートを読む

欧州不動産市場における不動産価格の安定性や、過去の不動産市況サイクルに比して低位のレバレッジ水準といった背景は、同資産クラスが他資産への相対的な優位性を有しコロナ禍を乗り切ることを示唆しています。

ハイライト:

  • 欧州不動産デットは、安定的なインカム収入及び十分に分散された実物資産を担保とするローンへのエクスポージャーを介し、魅力的なダウンサイドプロテクションを提供 
  • 銀行に対する規制上の資本積み増し要求は、銀行が不動産融資への姿勢を硬化させると共に、ファンドのようなノンバンク・レンダーの存在感を中長期的に高める要因に 
  • 資産間で比較した際に、不動産案件のデフォルトリスクはおよそ投資適格社債及びインフラストラクチャー・デットと同等、且つハイイールド社債よりも低い
  • 欧州不動産市場における価格面での下支え要因や、過去の不動産市況サイクルに比して低位のレバレッジは、同資産クラスが優位性を有しコロナ禍を乗り切ることを示唆
X

当社のウェブサイトBarings.comをご利用いただくことにより、(1)当社がお客様のデバイスに特定のクッキーを配置したり、利用規約およびウェブサイトのプライバシーに関する通知に記載されているその他のオンライン追跡メカニズムを使用することができること、(2) お客様が当該利用規約に了承したことにご同意していただけたものと致します。