JA 日本
パブリック債券

2021見通し: 回復への道筋はまちまち

2020年11月 - 40 min ポッドキャストを聞く

2021年以降のパブリックおよびプライベート市場を形成すると考える周期的および構造的トレンドについて、ベアリングスのポートフォリオ・マネジャーおよび投資プロフェッショナルが議論します。※ポッドキャストは英語です。

※ポッドキャストは英語です。

コンテンツ:

03:15 – 各国政府が景気下支えを止めると何が起こるのか
04:28 – 2021年のデフォルト及び倒産に関する見通し
08:45 – テクノロジー・セクターが依然としてパンデミック後の株式市場を牽引するのか
10:48 – プライベート市場では、潤沢な投資資金が限られた投資機会を追求しているのか
13:34 – 新型コロナウイルスが商業用不動産にどのような影響を及ぼしているか
20:04 – パンデミック後の世界において、企業のビジネスモデルはどう変化するか
25:13 – エマージング市場における新型コロナウイルスの恒久的な影響
27:28 – なぜESGトレンドはパンデミックと関係なく主流となる可能性があるのか
34:10 – 不公平性が投資環境に与える影響

X

当社のウェブサイトBarings.comをご利用いただくことにより、(1)当社がお客様のデバイスに特定のクッキーを配置したり、利用規約およびウェブサイトのプライバシーに関する通知に記載されているその他のオンライン追跡メカニズムを使用することができること、(2) お客様が当該利用規約に了承したことにご同意していただけたものと致します。