JA 日本

歴史を紐解き未来を展望する

”ベアリングスはその歴史において、お客様に対しグローバルに革新的かつ広範に亘るソリューションを提供する先駆者として歩んできました。かかる使命は、1762年の設立時から変わることなく、今日においてもベアリングスの原動力であり続けています。”

Tom Finke(トム・フィンク)

会長 兼 最高経営責任者

1762

John and Francis Baring & Co.(ベアリングス)設立

1803

フランス領ルイジアナの買収ファイナンスを提供

ベアリングスはフランスから購入したルイジアナを、
建国まもないアメリカ合衆国に売却。結果、アメリカの国土は倍増。

1830s

ベアリングスは中国とのビジネスを開始

1824

ベアリングスはアルゼンチン初の海外発行債券の幹事を務める

1848

ベアリングスはメキシコ割譲地に対するファイナンスを提供

(現在の米国南西部)

2016

合併により現ベアリングスを創設

マスミューチュアル生命はバブソン、ベアリングス、コーナーストーンおよびウッドクリークを統合し、グローバルに広範な資産運用会社である新生「ベアリングス」を創設

2018

ベアリングスは国際連合の持続可能な開発目標支援のため、国連グローバル・コンパクトに署名

ソーシャル・インパクト(社会的影響力)への取り組みを強化

ベアリングスはTriangle Capital Corporationを買収し、Barings BDC Inc.と社名変更

ミドルマーケットへの投資を行う上場Business Development Company (BDC)

2019

ベアリングス・ソーシャル・インパクトを創設

社員主導の慈善および地域サービスへの取り組み

ベアリングス・インベストメント・インスティテュートを創設

X

当社のウェブサイトBarings.comをご利用いただくことにより、(1)当社がお客様のデバイスに特定のクッキーを配置したり、利用規約およびウェブサイトのプライバシーに関する通知に記載されているその他のオンライン追跡メカニズムを使用することができること、(2) お客様が当該利用規約に了承したことにご同意していただけたものと致します。