ベアリングス・ソーシャル・インパクト

ベアリングスは、従業員が仕事および生活をする地域コミュニティ支援に注力します。ベアリングス・ソーシャル・インパクト・イニシアチブは、変化をもたらす原動力を従業員の手に委ね、助言や奉仕活動、資金提供を通じて、従業員が継続的な影響を与えられるよう支援します。

変化をもたらすために

チャリティ・バイク・ライド

ベアリングスのチームメイトが、ロンドンからワイト島までの246km(約153マイル)を自転車で走行し、トーマス・フランクス財団、ウッデン・スプーン、マウストラップ・シアター・プロジェクトによる英国のマイクログラント・チャリティへのファンドレイズを行いました。

「ベアリングスは、クラスルーム・セントラルのミッションを支援し、60時間以上のボランティア活動を行い、今年の夏、520名以上の地元の学生に物資を詰めたバックパックを提供しました。」

KAREN CALDER(カレン・カルダー)

CLASSROOM CENTRAL、エグゼクティブ・ディレクター

変化をもたらすために

情報格差問題

2022年ソーシャル・インパクト

フォーカスする分野

ベアリングス・ブック・バス

ベアリングスのチームメイトは、ベアリングス・ブック・バスを通じて、シャーロットのタイトル・ワン校に定期的に本を寄贈しています。現在までに、このバスは約26,000マイルを走行し、約5万冊の本を配布し、30万人弱の生徒と交流しています。

ソーシャル・インパクト

グローバル活動月間(2022年)

6月、ベアリングスは第2回グローバル活動月間を開催し、260名以上の従業員が世界9都市でボランティア活動に参加しました。シャーロット、ロンドン、ソウルの各都市では従業員が互いに交流し、各コミュニティに貢献しました。

従業員重視

奨励

従業員主導で現地コミュニティのマイクログラントに応募することにより、従業員の積極的な取り組みを奨励します。

参加

運営組織はグローバルに拠点を置くベアリングスの従業員で構成されており、戦略的投資の推進および従業員主導のイニシアチブを特定し、企業協賛金を配分します。

支援

従業員が非営利団体への献身的な活動を促進するために、マッチング・プログラムやボランティア・タイム・オフ・プログラムを提供しています。

1,330時間超

学生の指導教育に費やした時間

53,000冊超

2016年以降、寄付した本の総数

800台超

2015年以降、寄付したラップトップの台数

社会的影響力

サステナビリティ

ベアリングスでは、持続可能な明日のために、今日の行動に責任を持つよう努めています。私たちは、長期的かつ持続的な変化の実現のために、方向性、パートナーシップおよび意思決定を慎重に行います。

パートナー&参加団体